« マックス ボリガー師に関する書籍 | トップページ | ターシャ・テューダーさんに関する書籍:その2 »

2009年5月26日 (火曜日)

ターシャ・テューダーさんに関する書籍:その1

***************************************************************************

Hoshinotomihiro星野富弘さんに関する書籍はこちら

リック・ウォレンに関する書籍はこちら

クリスマスに関する書籍・グッズはこちら

イースターに関する書籍・グッズはこちら

Moriyuri2森 祐理・青山 しおりさんの書籍・CD・DVD

新垣 勉師に関する書籍・CDはこちら

*****************************************************************************

ターシャ・テューダーのガーデン ターシャ・テューダーのガーデン

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

絵本作家としてだけでなく、園芸家としても有名なターシャ。三十万坪の庭園に咲く四季折々の花と、その手入れの秘密を解く写真集

アメリカの人気絵本作家ターシャは、卓越したグリーンサムの持ち主でもあります。その腕は、彼女のラッパズイセンの花壇が、有名園芸店のカタログの表紙を飾ることからも証明済み。昨年出した『ターシャ・テューダーの世界』でターシャのファンになった人、ガーデニングに興味のある人に捧げるオールカラーの写真集です。

     

ターシャ・テューダーのクリスマスアドベントカレンダー ターシャ・テューダーのクリスマスアドベントカレンダー

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

12月6日の聖ニコラス(サンタクロース)の誕生日から、キリストが生まれる24日までの日々を「アドベント=待降節」といいます。

テューダー家では毎年、アドベントカレンダーを作って子供たちが交代で、毎朝カレンダーの扉を開きました。本書には24枚の扉があります。

さあ、開きましょう!扉の向こうには、どんな喜びが隠されているでしょうか!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

24枚の扉を開けてクリスマスを迎える絵本。毎年くり返して、お楽しみいただけます。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

テューダー,ターシャ(Tudor,Tasha)
1915年、アメリカ、ボストンに生まれる。絵本画家・作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    

ターシャ・テューダーのポストカードブック ターシャ・テューダーのポストカードブック

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

こんな絵ハガキが届いたらいいな!ターシャの魅力を1冊に凝縮。厳選35枚。

     

ターシャ・テューダーのクリスマス ターシャ・テューダーのクリスマス

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

夏から準備してきた手作りのプレゼント、自分の森から切ってきて本物のろうそくを灯すツリー、ホワイトハウスのツリーも飾ったジンジャーブレッドのオーナメント、暖炉の火で1日かけてローストされるターキー、手持ちの人形やぬいぐるみでイエスの生誕場面を再現したクレッシュ。数々の演出で、ターシャはクリスマスを「魔法の季節」にかえてしまいます。

【目次】(「BOOK」データベースより)

降臨節/プレゼント/雪/ジンジャーブレッドのオーナメント/動物のクリスマス/クレッシュ/クリスマスディナー/ツリー/サンタクロース/そり

      

ターシャ・テューダーのクックブック ターシャ・テューダーのクックブック

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

おまちかね、こんどはターシャの手料理です。約八十品のレシピが、描きおろしのイラストと、その料理にまつわる思い出のエッセイとともに供されます。
なかには、ジョンソン大統領の時代にホワイトハウスのクリスマスツリーを飾ったジンジャーブレッド、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルのフォン・トラップ一家の娘がつくっていたトルテなど、夢とお腹がふくらむ一冊です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

暖炉の火でコトコト煮込んだスープ、品評会で賞をもらったオートミールパン、ホワイトハウスのクリスマスツリーに飾られたジンジャーブレッド…。ターシャの生活を彩ってきた、ニューイングランド地方のオーセンティックなレシピの数々。

【目次】(「BOOK」データベースより)

オードブルとサラダ/スープ/パンとマフィン/メイン・ディッシュ/つけあわせ/デザートと飲み物/クリスマスのごちそう

     

ターシャ・テューダーのフォトポストカードブック ターシャ・テューダーのフォトポストカードブック

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

夢のようなターシャ・テューダーの庭と、動物と暮らす彼女のライフスタイルを、7年以上撮り続けている写真家、リチャード・ブラウン。その膨大な撮影フィルムのなかから、リチャード自身が選んだベスト24点がポストカードになりました。受け取った人に喜ばれることはもとより、プレゼントに最適です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ターシャが最も信頼する写真家リチャード・W・ブラウンが、膨大な写真のなかから選んだベスト24がポストカードになりました。

      

ターシャ・テューダーの世界 ターシャ・テューダーの世界

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

四季の移ろいを映す荘厳な庭園に囲まれ、動物の世話をし絵本を描く。都会の生活が失った素朴な豊かさが溢れるオールカラー写真集

取材に来た女性新聞記者に「新聞は読まないの。鳥の糞を片づけるときに使うくらいね」と、のっけから言い放ったそうです。一九一四年生まれ、アメリカの人気絵本作家のターシャは、ただの動物好き、庭いじり好きの可愛いおばあちゃんと思われることを頑なに拒否します。一見メルヘン、ファンタジーの世界そのものの写真集ですが、実は「地に足ついた生活」とはどういうものかを思い出させてくれます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

本書には、都会の生活が失った素朴な豊かさが、アメリカ人の心の故郷、ニューイングランドの四季を背景に、美しい写真とターシャ自身の言葉で綴られています。

      

ターシャ・テューダーのドールハウス ターシャ・テューダーのドールハウス

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ターシャの世界がミニチュアになった。アメリカを代表する絵本作家ターシャ・テューダーが80年の歳月をかけて蒐集したミニチュアでつくりあげたドールハウス。そこで再現されるのはターシャが愛し実践する19世紀のライフスタイル、流れるのは“永遠の時”。

【目次】(「BOOK」データベースより)

ハウス/キッチン/ダイニングルーム/客間/温室/ホール/ベッドルーム/書斎/ヤギ小屋/クリスマス〔ほか〕

       

ターシャ・テューダーの花のポストカードブック(写真編) ターシャ・テューダーの花のポストカードブック(写真編)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

夢のようなターシャ・テューダーの庭を撮り続けている写真家リチャード・ブラウン。
その膨大な写真フィルムの中から、ターシャの庭に咲く四季の花々ばかりを集めたポストカードが登場。プレゼントにも最適です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ターシャの庭に咲く花や植物の写真が、24枚のポストカードになりました。

     

ターシャ・テューダーの人生 ターシャ・テューダーの人生

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

人気絵本作家にして、現代人が憧れる十九世紀の生活を送るターシャ。偶像化された彼女の実像に迫る、イラスト入りオールカラー評伝

--------------------------------------------------------------------------------

 アメリカを代表する絵本作家にして、現代人が憧れる十九世紀を再現した生活を送るターシャは、今年八十六歳。  二度の離婚を経て四人の子供を育て上げ、本を出版してもらうためにニューヨーク中の出版社を訪ね歩き、農家に住み、動物や草花を愛する生活が「この世の楽園」ともてはやされ……。「すべてを手に入れた女性」として偶像化されるターシャだが、実は遅筆で、選り好みが激しく、付き合いづらい一面も。その実像に迫るオールカラー評伝。未公開イラスト多数。(文藝春秋)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

アメリカを代表する絵本作家にして、現代人が憧れる19世紀の生活を送るターシャ・テューダー。「すべてを手に入れた女性」として偶像化された彼女の知られざる実像に迫る、最初で最後のオールカラー評伝。

【目次】(「BOOK」データベースより)

家族/不屈の努力/妻として/新たな出発/まっ白なカンバス/失われた絵/職人芸/喜びを!ターシャ・テューダーの世界/理想のライフスタイル

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

デイヴィス,ハリー(Davis,Harry)
30年にわたるターシャ・テューダーの研究家。バージニア・コモンウェルス大学卒業後、教師を経て、ターシャのビジネスパートナーとなる

相原真理子(アイハラマリコ)
翻訳家。慶応義塾大学文学部英文学科卒業。パトリシア・コーンウェルの「検屍官ケイ・スカーペッタ」シリーズ(講談社文庫)の翻訳家として有名。ターシャ・テューダーをいち早く発見し、日本に紹介すべく、『ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季―』『ターシャ・テューダーのガーデン』『ターシャ・テューダーのクックブック』『ターシャ・テューダーのドールハウス―ミニチュアの世界―』『ターシャ・テューダーのクリスマス』(すべて小社刊)を翻訳する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

      

ターシャ・テューダーの花のポストカードブック(イラスト編) ターシャ・テューダーの花のポストカードブック(イラスト編)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

美しい庭はもとより絵本作家として数多くの作品を残しているターシャ・テューダーが、その著作の中で度々描いてきた花のイラストの中から、よりすぐりの24点をポストカードにまとめました。受け取った人に喜ばれること受け合いです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ターシャが描いた花や葉っぱのカラーイラストが、24枚のポストカードになりました。

     

【予約】 ターシャ・テューダー 最後のことば 【予約】 ターシャ・テューダー 最後のことば

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

2008 年6 月に還らぬ人となったターシャ。月刊MOEによる最後のロングインタビューを数々の美しい写真と共に、一冊の本にまとめました。

見事な庭に咲きほこる花々と、古き良き物に囲まれ、最後まで自分らしく生きた彼女の言葉は、私たちの心の中にいつまでも生き続けるでしょう。

      

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉) Book 思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

著者:ターシャ テューダー
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「BOOK」データベースより)
バーモントの山奥で、ガーデニングと動物とのナチュラルライフを満喫する絵本画家ターシャの、自由な精神あふれる言葉の宝石箱。

内容(「MARC」データベースより)
数多くの著作やビデオで語られたターシャの言葉を集め、さらにターシャが加筆した「ターシャの小さな哲学書」と言える美しい本。未発表写真67点収録。日本限定発売。

◆彼女を著す著書はたくさんあります。写真集は高価なのでちょっと手が
でなかった方も、はじめて彼女の世界に飛び込もうとする方にも
ぴったりの本が出版されたという気がします。豊富な写真(彼女の表情、服装、金銭的ではない豊かな暮らしぶりが充分すぎるほと伝わってきます。山羊やふくろうや自然たちも圧巻)彼女の独り言にも似た輝ける言葉の数々・・密度の濃さに驚かされると思います。

◆第二の人生に入って野菜作りの日々の小生の畑の一画は、花の好きな妻に占領されつつある。雑誌やTVで紹介されているターシャさんの生き様に魅せられて、早速「ターシャさんの庭」とターシャの言葉三部作を妻への贈り物として購入した。結婚40年目にして初のサプライズド・プレゼントである。どのページも感謝の気持ちに溢れ、自由奔放だが少しの衒いもない珠玉の言葉の洪水である。他人に押し付けるのではなくあくまで自分の気持ちを正直に語っているのだが、それに触れる人の心を明るく豊かにする。小生も共々虜になった。今9冊までになったが、娘、孫の来訪と歩調を合わせるように蔵書も増え、ターシャさんを知る人の輪も広がって行くことだろう。

◆短い言葉と美しい写真がセットになった本。
その短い言葉の奥にあるメッセージがとても心に響きます。
一番わたしが気に入った言葉は、コレです。
心は一人ひとり違います。
その意味では、人はいつも”ひとり”なのよ。

    

ターシャの庭 Book ターシャの庭

著者:ターシャ テューダー
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容(「MARC」データベースより)
絵本作家ターシャ・テューダーの「庭の写真」決定版。30万坪の敷地に咲き乱れる花々、ハーブガーデン、野菜畑、ヤギの放牧場、カヌーで移動する広い池、大木に覆われた森、3000坪のワイルドフラワーガーデンなどを収録。

◆この本は、ターシャ自身の言葉でひとつひとつの写真を説明しています。
綴られている文章は短いのですが、ターシャが、庭やお気に入りの花々、一緒に暮らす動物たち、そして日々の暮らしをどう思っているかがよく分かります。
まるで現実にターシャが隣で、自慢の庭を紹介してくれているようです。
飾らないターシャ自身の言葉と、庭を愛する姿が心に残る、とても温かい本です。

◆目に鮮やかな彩りの花々、大木の森、緑濃い牧場、夕日等、人の気配を感じない広々とした土地。
そして古くみえるけれど、(実は新しく、)暖かそうな素朴な屋敷。
ファンタジーの世界にしか存在しないような風景をページを繰るごとに楽しめます。

ターシャはどのページでもちょっと固い、生真面目そうな表情で登場します。
この固さが本作の作為のなさを感じさせます。

四季の移り変わりもしっかり捉えています。
その美しい風景には犬や家畜、子どもたちもほのぼのとした風情で登場します。
更に生活の場面も、ちらほらと紹介されています。
テーブル、バケツといったアンティークな家財やスローな食材の数々も登場します。
私は風景よりむしろ、生活の一部分を写したページに惹き付けられました。
本作を眺めるうちに、風景だけでなくターシャの生き方まで想像してしまいます。
この写真集が素晴らしいのは、こういう想像の翼を羽ばたかせることのできる広がりです。

この写真集はターシャの庭だけでなく、ターシャの生活を切り取った作品だと思います。
私はこのターシャの生活まで見える本作の構成が好きです。
値段もお高いのですが、お勧めの一冊です。

◆ターシャさんは、私にとってマザーテレサさんのような存在です。

この本は、まず表紙に、ターシャさん自筆のお庭の地図があります。
その次に、ターシャさんが描いたとても穏やかな優しい絵があります。
そしてそこから、ターシャさんの広大なお庭の写真が温かい文章とともに、たっぷりと紹介されています。

目に飛び込んでくるのは、鮮やかな色とりどりのお花たち、可愛い動物たち、そして、ターシャさんのどこか懐かしさを感じられるお姿です。
本当に心から癒されます。
自然の美しさ、尊さを教えてくださいます。

「本来、人間はこのような生き方をするべきよ。」というターシャさんの声が聞こえてきそうな気がしました。

私にとって、一生大切にしたい、優しく愛にあふれた母のような本でした。

     

NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉 Book NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉

販売元:メディアファクトリ-
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出版社/著者からの内容紹介
DVD・・・〈NHKの番組110分+未公開映像22分〉でターシャの世界を堪能出来ます。愛蔵本・・・番組から切り出した写真と言葉で、手軽にじっくり味わうことが出来ます。

内容(「BOOK」データベースより)
NHKで放送され大好評を博したハイビジョン番組がDVD(未公開映像付き)と愛蔵本になりました。ターシャの美しい世界を堪能できる、永久保存版です。

◆NHKのテレビで放送されたものを見ていない私は母親のすすめでこのDVDを購入しました。実際にこの場所の近くを訪れたことがあるのですが、深呼吸をしたくなるような穏やかな空気の場所でした。DVDの映像もその時に感じたなんともいえないため息の出るような心地よさがありました。一方、他の方も指摘されていますが付属の愛蔵本の印刷は販売できるような画質ではないですね。あきらかに質の悪い印刷物なのに販売に踏み切ってしまった部分が理解できないので星3つにしました。

◆ターシャの本に店頭でであってから彼女の世界と言葉に魅了されてきました。NHKで放映されていたのは知らなかったので、このDVDを見つけて喜んで買って帰りました。
内容は正に愛蔵にしたいものでした。放映時と音楽が違っているそうですが、見逃した人には十分楽しめるものだと思います。
何度見ても美しい庭や彼女のお話に引き込まれます。
次回は愛蔵本も出版済みの写真集のように美しいものにして頂きたいです。
先日また続編が放映されました。是非これもDVDで出してもらいたいです。

◆綺麗に手入れした広大なお庭で愛犬とゆったり、自分らしく暮らす
ターシャの生き方は私のあこがれです。
ターシャのように目にするもの、手に取るものを愛おしく思えるような人に
私もなりたいな…と考えさせられます。
お茶を飲みながらこのDVDを見るととてもリラックスします。
ずっと大切にしたいです。

     

*****************************************************************************

  

|

« マックス ボリガー師に関する書籍 | トップページ | ターシャ・テューダーさんに関する書籍:その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターシャ・テューダーさんに関する書籍:その1:

« マックス ボリガー師に関する書籍 | トップページ | ターシャ・テューダーさんに関する書籍:その2 »